サービス紹介

SPD役務提供事業

改善ニーズが高い「医療物流業務」、および「手術室業務」を高度な知見をもつスタッフが物流管理を通して医療機関の経営、業務管理を支援します。
病院が抱える課題には一定のパターンがあるのですが、私たちはさまざまな病院内の事例をもと、お客様のニーズに合わせて柔軟に改善提案ができるように、
病院勤務経験のある医師・看護師・薬剤師をはじめとしたスタッフを充実。
医療物流業務・手術室業務のエキスパートとして、効果的なソリューションを提案し、業務改善に貢献します。

間接業務から解放され、医療従事者が安心して
本来の業務に専念できる環境づくり

  • 安全性
    確実な物品在庫管理体制

    緊急時迅速対応/使用期限順守/トレーサビリティ確保 (ロット管理)

  • 経済性
    安全性と効率性を高めた先に生まれる価値

    物品ロス防止/同種同等の安価品切替/材料の標準化・スリム化/請求もれ防止

  • 効率性
    専任スタッフによるきめ細やかな業務

    術式別・処置別個別包装/薬品管理/供給・回収

SPD( Supply Processing & Distribution )とは

医療機関内で消費される医療材料の購買・在庫管理だけでなく、
供給・加工・配送のプロセスとこれに伴う情報を総合的に取り扱い、
可視化することで業務支援や経営支援につなげるための手法。

病院SPDサービス

病院内物流を最適化するために、各種物品管理業務、搬送業務、情報管理業務を行う、人員およびシステムを提供するサービスです。
当該サービスの導入により、病院が一般的に抱える課題を解決することが可能です。


病院SPDサービス概要図
《SPD未採用の病院における一般的な課題と、病院SPDサービス導入による課題解決》
業務内容と担当スタッフのミスマッチ

SPD未採用の病院の中には、物品管理を看護師や薬剤師などの医療系専門職スタッフ(人件費高)に兼務させている所も多く、以下のような課題を抱えています。

間接業務のコスト効率の悪化

間接業務に人件費のかかる医療系専門スタッフを充てることによる、間接業務のコスト効率の低下。

専門職業務の業務量/品質低下

間接業務の為に、専門スタッフの本来業務である診療行為や、薬剤指導等の専権業務の実働時間が減り、品質低下を招く。

間接業務の業務品質低下

間接業務は専門職スタッフからすると重要性の低いタスク。在庫管理や情報管理にはムダが生じやすく、間接業務の本来価値が発揮されない状況に。

適材適所の実現

材料や医薬品などの物品管理業務には、より人件費が低く、かつ業務スキルの高い専任スタッフを充てることで、以下のメリットを実現します。

間接業務のコスト効率の最適化

物品管理業務人員のコストを本来あるべき水準に留め、コストパフォーマンスを最大化。

専門職業務の拡充/確実化

専門職スタッフを増やすことなく、専門職業務品質を強化することが可能。
(例えば、薬剤師の業務時間の確保は後発薬導入推進や薬剤管理指導の徹底等に繋がります。)

間接業務の高度化

物品管理業務の専任スタッフを配置することで、業務品質が格段に向上。蓄積した情報を二次利用して経営改善に活かすなど、波及効果も大きくなります。

手術室業務支援サービス

手術室は数ある病院部門のなかでも人員の割当てや材料の消費が特に多く、主要なコスト発生源となっているうえ、現場の業務負担も非常に大きいため、業務効率化や、材料・人件費の適正化が病院共通の問題意識となっています。
しかしながら、手術室向けの受託サービス/業務システムは細分化・部分最適化されており、病院のニーズに十分応えられていないケースが多数あります。
本サービスはそのような病院ニーズに鑑み、術前・術中・術後に亘る業務を一元的に支援するシステムと、間接業務人員を包括提供することで、病院の本来ニーズである現場負担軽減とコスト削減を実現するサービスです。


手術室業務支援サービス概要図

※業務支援システム「なびシリーズ」は当社物品管理システム「SAVEシリーズ」と連携が可能です。

《手術室業務負担の主要因と問題点、手術室業務支援サービスの内容と優位性》

手術関連業務の中でも、特に現場スタッフの負担となっているのが術前の使用物品準備業務です。
その背景には、手術で使用される物品(材料・薬剤)が多岐に渡っているうえ、手術内容によって大きく異なることが挙げられます。
一部の病院ではこの負担を低減するため、「物品納入ディーラー」あるいは「キットパッカーと呼ばれる供給専門業者」に物品準備業務を委託していますが、 受託業者ごとの業務内容と内包する問題点が存在します。

委託先業者
問題点
ディーラー

当日あるいは翌日のオペで利用予定の物品を確認し、手術前室に供給するよう各部署に手配を行う。

  • 一般に消費登録等は請けないか、請けてもバッチ処理するため手術ごとの使用材料把握は不可。
  • 当該サービスのコストも含め納入価として提示されるため、材料価格のみを提示する他ディーラーとの同条件での比較が出来なくなり価格交渉が困難。
  • 正式な業務委託契約で無い場合も多く、リーガルリスクをはらみます。
キットパッカー
  • 手術内容ごとに使用する材料を標準化し物品のセットパックとして手術室に提供。
  • 手術毎に使用した材料(セット単位)の消費登録を代行。
  • 当該セット品管理を行うための独自システムも同時に提供。
  • 手術ごとの消費管理を行うが、セット単位での消費管理を行うフローを構築しているため、実際に使用したかどうかに関わらず、パックを開封した時点で全てのセット内容が消費されたこととなり、材料の過剰使用に繋がるうえ、正確な使用量把握が出来ない。
  • 独自システムはセット品管理を主眼にした設計となっており、調整・記録・分析など他の業務支援機能は不十分な面も多く物品準備以外の付加価値が限定的となります。 (実際に、調整・術中記録用に別システムを採用する病院もあります)
サービス概要
優位性
  • 材料の個別セット供給
  • 物品単位での材料消費登録(手術ごと)
  • 術前・術中・術後業務をトータルサポートする
    システムの提供
  • キットパッカーと同様に材料セットによる個別供給を行うことで、
    材料準備の負担を無くし、確実な供給体制を実現します。
  • 材料消費の把握はあくまで物品単位で行うため、
    材料使用量の適正化と正確な消費動向の把握が可能となります。
  • また、株式会社エーエヌディー【AND INC.】システムは物品管理をはじめ「手術業務全般の負担低減」を企図して設計しているため、
    単独で現場のあらゆる業務支援をトータルにサポートすることが出来ます。
病院のコスト構造と(発生部門別材料費・人件費構成)

役務提供事業、病院のコスト構造と(発生部門別材料費・人件費構成)

手術の前後で発生する業務

病院では毎日多くの手術が行われますが、手術の実施に際しては、手術中だけでなく、術前・術後にも多くの業務が発生します。

術 前 術 中 術 後
  • 日程調整
  • 手術室、スタッフ(執刀医、麻酔科医、看護師、技師 など)、機器の割当
  • 患者情報(基本情報、術前検査結果など)の取得
  • 使用物品(材料・薬剤・機器)の準備
  • 患者呼び出し
  • 術中記録
  • バイタル情報(生体情報)
  • 手術時間
  • 麻酔時間
  • 使用材料・薬剤
  • スタッフなど
  • 患者送り出し/病棟看護師との引き継ぎ 
  • 片付け
  • 管理部署への器材等の返却
  • 各種帳票(手術伝票など)の作成
  • SPDシステムへの消費情報登録

院内の主要なコスト発生源であり、現場負担も大きい手術室のコスト適正化および業務効率化は病院共通のニーズ

このページのTOPへ